理想のノウハウ

【XM】スプレッドが広すぎる。スプレッドZERO口座もお勧め

FXにおいて、スプレッドの大小は要検討事項

FXの取引を行う上で100%出てくる単語が「スプレッド」。算数でいうと足し算引き算ぐらいの必須事項です。
単語の意味からは内容が全然予測できないと思います。英単語自体は普段つかうような常用単語ではありませんから。私自身、FXを始めたてのころはよくわからないままに使っていました。

スプレッドは数値です。大きい小さいがあります。しかもその値によってFXの利益(収益)に大きな差が生まれる可能性があります
たとえ0.1だったとしても小さいほうが勝率も上がるし、利益も上がります。

そこで、今回の記事ではこのスプレッドについて解説します。このスプレッドはトレードにおいては超重要です。必ず覚えて帰ってください。

 

スプレッドとは?どうやって計算する?

スプレッド自体の意味は簡単です。売値と買値の為替レート差です。為替レートとは、売値と買値の2種類で表示されており、ほぼ100%売値よりも買値の方が高くなっています。

なぜなら、買う値段より売る値段のほうが高かったら永久機関が完成してしまいますからね。実際に例を見てみる方がいいでしょう。
まずは下記の【ドル円の売り値・買値】画像をご覧下さい。

無料の為替チャートソフトで有名な Metatrader4(メタトレーダー4)のスプレッド表示画面です。この為替レートだと、USDJPYの売値が120.329円で買値が120.344円と表示されています。

つまり、この場合は

USDJPYを買う 120.344円
USDJPYを売る 120.329円

やはり売り値のほうが安い(低い)ですね。通常はこのような形になっています。
USDJPYを120.344円を買った時、売値は120.329円です。これはどういう理解をすればいいかというと、USDJPYを買った瞬間に0.015円(1.5銭)の損失が出ている計算になる、ということです。

さらに 120.344円−120.329円=0.015円 がスプレッドという事です。この金額差×通貨数量で、初めに持つことになる損失の計算ができます。
例えば、1万通貨を購入したとすると 0.015円×1万通貨=150円の損失 という計算です。

為替レートが変わり売値が120.344円以上(もとの買値以上)になって、初めて利益がでるというわけです。

私の使っている業者XMでは、スプレッドが激狭の「スプレットほぼZERO口座」が存在します。
デメリットとして取引手数料がかかってしまいますが、スプレッドが0.0〜0.2銭とかなのでアグレッシブな取引が可能です。

スプレッドは狭いに越した事は無い。XMは他に比べて広め

FXトレードにおいてスプレッドは経費に近い性質を持ちます。(利益を上げるためにかかった手数料という意味です)

通貨を買った時点で損失が発生している状態になりますので、スプレッドなんて無ければ良いのにと思います。しかしこのスプレッドはFX会社の利益になりますので、FX会社を介してFXトレードしている身分として致し方ない部分ではあります。

ところで、スプレッドはFX会社が自由に設定できるので業者間でかなり違います。日本国内の業者では0.1銭程度のことが多いですが、海外業者ではそれ以上です。一度のトレードでは気にならないかもしれませんが、何百何千と繰り返していくとそれだけスプレッドの負担が多くなります。

やはりスプレッドは小さい方が望ましいでしょう。

業界NO.1!世界一人気のFX業者「XM」
  • 業界NO.1!世界一人気のFX業者「XM TRADING」
  • 資金の少ない人でもオススメのFX業者(最低資金は数百円からOK)
  • 1万円から1億円を目指すことも可能
  • デイトレード、スイングトレードに相性良し
  • 最低10通貨から取引可能!
  • 初心者、未経験者にお勧め
  • 登録するだけで3,000円分のクレジット」が今だけ全員にプレゼント!