理想のノウハウ

【XM】スキャルピングのメリット・デメリット【Zero口座がおすすめ】

FMにおける「スキャルピング」のメリットとデメリットを知り、楽しく儲けよう!という記事です。いい面もあれば、悪い面もあります。順にひとつずつ見ていきましょう。

スキャルピングは簡単に言うと短期売買(短期取引)。自分のライフスタイル、トレードスタイルにより合わせやすい手法の一つです。

しかし、メリットやデメリットが分からないと実際に取引を行う上での注意点や得意な部分が見えませんよね。今回の記事では、スキャルピング手法のメリット・デメリットについて解説します。

まずは、デメリットから。

 

スキャルピングのデメリット:厳格なリスク管理が要求されること

スキャルピングでは主に数十秒〜10分程度の短期間でトレードが行われます。1回のトレードの利益は小さいですが、それを100回、1000回と積み重ねていくスタイルのトレード手法です。

そのため、損切りが得意である必要があります。例えば、一回のトレードで狙う利益は2000円、損切りは1000円、とか。ラインを決めておかないと損切り出来ずに、一度の損で利益をすべて吹き飛ばしてしまう危険性があるでしょう。

したがって、スキャルピングでは他のトレード手法と比べて、徹底したリスク管理が必要です。

 

スキャルピングのデメリット:為替チャートに張り付く時間が長いこと

短期売買、その名の通り短い時間でトレードを繰り返す必要があります。

当然ながら、トレードをしている間は為替チャート(ロウソク足)に張り付いて見ている必要があります。基本的に画面の前で取引をし、見ていない場合はポジションを持たないことがほとんどです。

トレードチャンスは多いうえ、新規エントリーから決済までの時間が短いです。利益確定までもチャートを穴が空くほど見続ける必要があります

例えばポジションを持ってトイレに行ってる間に大赤字になっている なんて事も日常的に起こりえる話です。スキャルピングを自動で行ってくれるソフト(自動プログラム)を作ることも可能ですが、トレードの知識はもとよりプログラミングスキルも必要になります。

したがって、難易度は高いと言えるでしょう。

 

スキャルピングのデメリット:卓越したパソコン操作が必要なこと

スキャルピングでは一分、一秒を争いコンマ数秒で数pips動く相場を相手にします。そのため、キーボードやマウスでもたもたしている余裕なんて無いのです。

注文・決済はショートカットキーで行い、エントリーはインジケータやロウソク足をリアルタイムに確認。人並み以上のスキルが必ず求められることになります。

マウス操作に戸惑っているようでは、注文ミスをして損をしてしまったり、Buy(買い注文)しようと思ったのにSell(売り注文)してしまうなんてことも起こります。

 
トレードの知識だけではスキャルピングをものにするのは、中々難しいと言えますね。

次に、スキャルピングのメリットを紹介します。

スキャルピングのメリット:保有ポジションの持越しが不要なこと

スイングトレード(中長期売買)やデイトレード(短中期売買)と比べ、新規エントリーから決済にかかる時間は非常に短いです。

そのため、スキャルピングではポジション(買い・売り注文)を持ったまま寝る、休憩する、なんてことは基本的にありません。寝ロングや寝ショートも存在しません。つまり目が覚めたら相場の大変動に巻き込まれて墓が建っていた、ということは起こらないというメリットがあります。

日中にポジションを持つことも無いので、仕事中に損益や利益を気にする必要もありません。メンタルバランスが段違いです。

基本的にモニター画面と向き合っている間のみが戦場。仕事の時間、オフの時間、トレードの時間をしっかり区別できるのが素晴らしいメリットと言えますね。

 

スキャルピングのメリット:為替相場の大暴騰・大暴落が影響しないこと

デイトレードやスイングトレードでは、数ヶ月・数年に一度起こる大暴騰や大暴落に巻き込まれることがあります。

運良く利益が出ればいいものの、やはり半数の人は大損になることもしばしばあります。気づいたら赤字になっていながらも中々損切りが出来ずに結果、ロスカット。退場を余儀なくされるトレーダーも少なくありません

スキャルピングではどうでしょうか。実際に大暴落や大暴騰が起こってからでも十分なトレードチャンスがあります。一日のトレードチャンスは少なくとも10回〜数十回存在しますので、一度損切りしたとしてもまだまだ次のチャンスで取り返せるのです。

相場の影響を受けにくいうえに流れに乗ることが可能、というのがメリットです。

スキャルピングのメリット:資金効率がとても良いこと

デイトレードやスイングトレードでは、多少の含み損をあらかじめ想定し、証拠金維持率は高めに設定されます。つまり、多くの資金で多くの利益を得ようという話です。

逆にスキャルピングでは、小さい資金で証拠金維持率を低めに設定し薄皮を剥ぎ取るかのごとく利益を得ていきます。スキャルピングのスキャルプとは、頭皮ではなく天辺(てっぺん)という意味もあります。りんごの皮むきのような薄い、小さい利益を積み重ねるのです。

短時間でトレードを繰り返すので、資金の回転率は他のトレード手法に比べ高いです。また、短時間でトレードを終わらせる想定なため、ある程度高いレバレッジを掛ける事が可能になります。

レバレッジを最大限活用する事が出来れば、資金を複利で運用し高い効率で投資する事が可能です。

 

スキャルピングのメリット:トレードチャンス(エントリーポイント)が多いこと

一日の間に何十回もトレードを行う手法なので、エントリー(注文)するタイミングは山程あります。

適当にエントリーするわけではありません。主に5分足、1分足のチャートでアグレッシブに取り組むトレーダーが多いという意味です。短期売買のためトレードチャンスはごろごろ転がっているのです。

多いトレーダーでは一日に30回以上トレードする方も居ます。1度や2度負けることがあったとしても、回数を重ねすぐに取り返すことが可能です。

また一度のトレードで負ける金額・勝つ金額はそれほど大きいものではないため、精神的負担(ショック)もさほど大きくありません。

 

海外口座XMでもスキャルピングは可能?(おすすめか?)

私が使っているFX業者、「XM Trading

スキャルピングは正直お勧めではありません。何故なら、国内の業者に比べスプレッドが広いからです。

やろうと思えばやれますが、利益が出にくいのが正直なところです。そんな方のためにスプレッドが激狭な「XM Zero口座」という特殊な(中級者向け)口座も存在します。

取引手数料が掛かるかわりに、スプレッドが激狭(ほぼ0)な口座です。上手く使いこなせるようになれば、億トレーダーも目の前かも知れませんね。

業界NO.1!世界一人気のFX業者「XM」
  • 業界NO.1!世界一人気のFX業者「XM TRADING」
  • 資金の少ない人でもオススメのFX業者(最低資金は数百円からOK)
  • 1万円から1億円を目指すことも可能
  • デイトレード、スイングトレードに相性良し
  • 最低10通貨から取引可能!
  • 初心者、未経験者にお勧め
  • 登録するだけで3,000円分のクレジット」が今だけ全員にプレゼント!