理想のノウハウ

【XM】トレンドを制して相場を制するには?トレンドの判断と発生の仕組み【FX】

相場に「トレンド」は必ず存在する

トレンドと言うと、今年流行りの洋服やスタイル、ファッションなどで聞いたことがあるかも知れません。広義には「方向性(指向性)」といった意味があります。

FXトレード界では、為替相場の方向性(トレンド)が存在します。上昇傾向、下降傾向、この2つです。方向を見極めながら新規エントリーや決済注文などのトレード戦略を立てることができます。トレードにおいてはトレンドを意識することが、中長期ポジションを保有する場合にとても大事です。

基本的にはトレンドが発生している状態では順張りの手法(トレンドに乗るトレードスタイル)を取り、トレンドが収束・終わりに近づいたタイミングでトレードをやめるか逆張り(逆のトレンドに乗る)します。
流れがあることをトレンドと言い、流れがない膠着状態のことを「レンジ」といいます。(レンジ=範囲)

では、トレンドの方向性とは一体どういうことなのか?
この記事ではトレンド・トレンドラインについて解説します。これを知らずにトレードするのは負けに行くようなものです。必ず身につけましょう!

 

トレンドの発生と判定

FXにおけるトレンドは、現在および将来においてどのように為替相場が動くかの方向性を示すものです。

覚えるのは簡単です。トレンドは2種類しかありません。
為替相場が今後上昇するのであれば上昇トレンド、下降するのであれば下降トレンド、たったこれだけです。上昇も下降もしない横ばい状態は「レンジ」と呼びます。

厳密にいくら上がればトレンドと呼べるのか、は決まっていません。ロウソク足のチャートを見て自分で判断する必要があります。そのためトレンドだと思って順張りしたのに、実はトレンドではなかった・・・ということもFXあるあるです。

判定方法としては為替チャート内のローソク足を見ます。高値や安値を見ながら判断する必要があります。例えば、ローソク足の安値が徐々に切り上がっている状態は上昇トレンド、高値が切り下がっている状態は下降トレンド、といった具合ですね。

トレンドラインを引くとトレンドの発生が一目瞭然!

重要な話です。為替相場が上昇トレンドや下降トレンドかを判断するために1番分かり易い方法が、「トレンドラインを引く事」です。

トレンドラインとは、相場がトレンド状態かどうかを判定するための目安になる線です。線を引いてみることで今の状態がトレンドか、トレンドではないか(レンジなのか)という判断をすることができます。

慣れればものの数秒で判断できますし、トレンドラインだけで勝てるといった手法も存在するぐらいです。

トレンドラインの引き方

上昇トレンドでは安値が切り上がっている状態(上向き)、下降トレンドでは高値がきり下がっている状態(下向き)と一度説明しました。
ここからは簡単です。切り上がる安値と安値、切り下がる高値と高値とを結ぶ事によってトレンドラインは簡単に作成する事が出来ます。

言葉だけでは説明しづらいだめ、下の図を見てみましょう。実際にあなたもチャート上にラインを引いてみてください。

上昇トレンド

上昇トレンド

下降トレンド

下降トレンド

切り上がる安値を複数結んだトレンドライン(画像1)、切り下がる高値を複数結んだトレンドライン(画像2)を見てください。
ラインは短く切らずに伸ばし続けるのがポイントです。

引いたラインが上向きなら上昇トレンド、下向きなら下降トレンド、たったそれだけなのです。トレンドが存在しない場合は傾きが緩やかか、横向きになります。参考図のような切り上がり・切り下がりがあれば、慣れてくるとラインを引かなくとも判断できそうですね。

トレンドラインを引く時のポイント(注意点)としては、複数点で結ぶのが良いとされています。5つ以上の接点でトレンドラインを引くことができれば、強いトレンドといえますね。あとはトレンドに乗ってトレードをするだけです。

業界NO.1!世界一人気のFX業者「XM」
  • 業界NO.1!世界一人気のFX業者「XM TRADING」
  • 資金の少ない人でもオススメのFX業者(最低資金は数百円からOK)
  • 1万円から1億円を目指すことも可能
  • デイトレード、スイングトレードに相性良し
  • 最低10通貨から取引可能!
  • 初心者、未経験者にお勧め
  • 登録するだけで3,000円分のクレジット」が今だけ全員にプレゼント!