理想のノウハウ

【XM】スリッページは最小がいい!?FXにおけるスリッページの嫌な部分

FXあるあるの話をします。
FXトレードを始めて、ある通貨を買いました。そして、予想通りに為替レートが動いたので儲け儲けと、持っていた通貨を決済しました。

決済後に約定(注文が確定したという意味)した為替レートを確認したところ、自分が決済したはずの為替レートとは微妙に違っている為替レートで決済されていました。

スロットの出目がずれるように、決済されていたレートが滑っていたのです。
取引画面に表示されていた為替レートと約定された為替レートに違いが出ることを、FX業界の専門用語でスリッページと呼びます。

今回の記事では、この「スリッページ」(約定滑り)について説明します。

スリッページが起こる条件とは?具体的な例は?

実際に取引画面に表示されていた為替レートで決済したのに、決済後の為替レートが全然違っていた・・・。
これは誰かがわざとやっているわけではなく、FXの仕組み上、避けては通れないものです。

注文時に表示されていた為替レートと注文約定時の為替レートの差だけ、損(得)することになってしまいます。スリッページは注文時に発生するので、決済注文だけではなく新規での注文時にも起こりえます。

例えば、米ドル円(以下USDJPY)の新規買い注文を100.00円で新規注文したとします。その後注文が約定しましたが、約定値が100.02円でした。
この場合のスリッページは100.02円−100.00円=0.02円になります。(為替レートの差です。)

つまりこの場合には、0.02円=2pips分の損をしたという事になるのです。
※pips:FXにおける為替レートが動いた時の最小単位の事

結果が悪い方向に動くだけでなく、良い方向に動くこともあります。一概に「悪」とは言い切れない部分もあるのです。

スリッページは絶対に起こるものとして考える

本来であれば、このスリッページは無いに越した事はありません。しかし、FX相場に急激な動きがあった時など市場が混雑している場合は頻繁に起こるものです。
とある業者はわざとスリッページを起こしてトレーダーを損させていた、というニュースもありました。

特に大きな経済指標(米雇用統計や各国のGDPなど)の発表時には、FX会社によらずスリッページが頻繁に起こる場合があります。注意が必要です。

このスリッページはFX会社が使っているシステムの強弱も影響します。
例えば私が使用してるFX業者「XM Trading」では99.9%が1秒以内に約定(成立)することを公言してるので、スリッページは極小です。今まで1秒以上かかったことは記憶にありませんね。

それ以外の業者だったとしても、FX業者を選ぶ際にはその会社が使っているシステムが強い(安定している)のかをしっかりと確認した方が良いでしょう。

絶対にスリッページが起こらないFX会社、とういうのは存在しません。大小なりとも仕組み上起こり得るものです。
FXで稼ぐためには多少なりとも気にしつつ、混み合う市場を避けるなどして対策しましょう

業界NO.1!世界一人気のFX業者「XM」
  • 業界NO.1!世界一人気のFX業者「XM TRADING」
  • 資金の少ない人でもオススメのFX業者(最低資金は数百円からOK)
  • 1万円から1億円を目指すことも可能
  • デイトレード、スイングトレードに相性良し
  • 最低10通貨から取引可能!
  • 初心者、未経験者にお勧め
  • 登録するだけで3,000円分のクレジット」が今だけ全員にプレゼント!