理想のノウハウ

【XM】FXのトレードでは気づきにくいサーバーの安定性

サーバーの安定感はトレードにおいて重要?

FXの取引は必ずインターネットを使用します。つまりサーバーを介して私達は注文をやりとりしているのです。少々難しい話ですが、要はアナログ(手書き)ではなくインターネット(自動)サービスを使っている、という理解で大丈夫です。

FX会社はトレードシステムをインターネット上で提供しています。一部電話取引を行っている会社もあるようですが、近年のインターネット事情から考えていずれ無くなっていくと考えられます。

トレードは、FX会社が独自に用意したサーバー(注文データを自動でやり取りできる装置)、または外部に委託しているサーバーを使って行う事になります。ここで重要なこととして、我々の注文(オーダー)はこのサーバーの性能によってかなりの差になるということです。

1分、1秒のタイミングが大事なスキャルピング(超短期売買)ではその影響は大きいです。そのため、トレードにおいてはサーバーの性能や速さがとことん重要になってきます。また速さだけでなく安定性(エラーの起こりにくさ)についてもとても大事な要素です。

 

FX会社のサーバー安定性・速度は要注意項目

FXのトレードは通常、私達のスマホやパソコンからオーダーを出します。そして口座開設しているFX会社のトレードシステムへ自動でアクセスして、売りや買いの注文が受理されます。

とても有り難いことにインターネット環境さえあれば、元旦や土日を除く1年間のほとんどの時間帯をFXで過ごすことが出来ます。一昔前では考えられないようなトレード環境が用意されています。

FX会社が独自に用意しているサーバーもあれば、外部業者に委託され運営されているサーバーもあります。それらは時として、不安定な動きをする事があります。

特に取引量が多くなる経済指標発表の前後や、大暴落・大暴騰みたいなことが起こるとアクセスが集中して注文が通りにくくなることがあります。サーバーの安定感を把握しておかないと後々後悔することになりますね。

FXをしていてサーバーがダウンすると注文はどうなる?

取引サーバーがダウン(エラーにより停止)してしまうと、どうなるのでしょうか。

当然ながら新規の売買注文を行う事が出来無くなります。それが意味するのは、為替相場が保有しているポジションと反対方向へ動いたとして損益が出ていたとしても、決済することが出来ないということです。
つまりチャートは動いているのに注文が通らず、損が膨らみ続けていくような感じですね。

目の前で為替チャートが保有ポジションとは反対方向へ大きく動いているのに何も出来ないなんて、とてもじゃありませんが辛いです。しかし、それは誰にでも平等に起こり得るのです。

別の記事でも紹介していますが、こんな時は「ストップロス注文」を入れておけば決められたレートで決済されることもあります。しかしそれも100%の確率ではなく、価格が飛んでしまった場合やサーバーがダウンしている場合は決済も行われません・・・。

FX会社を選ぶ際には、FX会社が提供しているトレードシステムのサーバーが安定しているのかどうか、確認が必要ですね。口コミなどを検索してみるのがお勧めですよ。

私が使っているFX業者の「XM Trading」はオーダー拒否率が低く、高速で取引が可能ということで有名です。
どれぐらい高速なのか説明すると、ウサイン・ボルトがXM親善大使として認定されるぐらいです。

サーバーの安定性はトレーダーのみぞ知る

FX会社のサーバーの安定性は、業者に聞いても分かりません。実際に取引をした人(トレーダー)のみが知り得る情報なのです。レビューやブログの記事を読んでみるのがいいですね。

自分で実際にトレードしてみるのも良いでしょう。小ロットで注文を出してみて、約定スピードを体感してみてください。

最小10通貨ぐらいであれば、数十円〜数百円程度で確認が出来ます。いくつか試してトレードしやすい業者を選ぶのが勝利へのカギですね。
ちなみに私は断然XM推しです。約定拒否は一度もありませんし、注文から約定までほぼ0.5秒ぐらいです。

業界NO.1!世界一人気のFX業者「XM」
  • 業界NO.1!世界一人気のFX業者「XM TRADING」
  • 資金の少ない人でもオススメのFX業者(最低資金は数百円からOK)
  • 1万円から1億円を目指すことも可能
  • デイトレード、スイングトレードに相性良し
  • 最低10通貨から取引可能!
  • 初心者、未経験者にお勧め
  • 登録するだけで3,000円分のクレジット」が今だけ全員にプレゼント!