理想のノウハウ

FXのトレードで使用できる「通貨ペア」って一体何?特徴とか違いはあるの?

FXトレードで扱える通貨は複数ある!?

みなさんご存知のアメリカドル。USD。そして、日本国で流通している円。JPY。

FXトレードでは、よく耳にするこの2つの通貨のみならず各国の通貨を選んでトレードを行います。
この通貨の中には、

  • メジャーな通貨(例えば米ドルやユーロ、ポンドなど)
  • マイナーな通貨(例えばランドやトルコリラなど)

など、さまざまな種類があります。

FXの相場においては各通貨により独特の動きをするものもあります。FX初心者の方は、ある程度絞って選んだ通貨でトレードした方が、利益が出る可能性も多いです。

例えば、
ポンド(GBP)は動きが他の通貨と比べて激しい
南アフリカランド(ZAR)は他の通貨に比べて動きが緩やか
といったように、各通貨によって特徴があります。

さらに、それ以前に取引通貨の種類や通貨の呼び名(FX専門用語)なども覚える必要があります。
今回の記事では、FXトレードにおける取引通貨について説明します。

FXでは通貨の呼び名(略語)がある

各通貨には独自の呼び名(略語)が存在します。例えばUSD=ドル、JPY=円、はとてもよく使用される略語です。
トレードにおいては「USDJPY」と書かれ、「米ドル円」と読みます。その他、「EURUSD」では「ユーロ米ドル」というように、各通貨ごとに呼び名があるのです。

メジャーでよく使用される通貨は、覚えておくことをお勧めします。

GBPJPY:ポンド円
AUDJPY:オーストラリアドル円(豪ドル円)
NZDJPY:NZドル円
CADJPY:カナダ円
CHFJPY:スイスフラン円

FXにおけるストレートペアとドルストレートとは?

FXトレードでは、USDJPY(ドル円)を介して交換が行われている、通貨ペアを「クロス円」と呼びます。

例えばEURJPY(ユーロ円)やAUDJPY(豪ドル円)、GBPJPY(ポンド円)、CADJPY(カナダドル円)などの通貨ペアも同様にクロス円と呼びます。
見分け方は簡単、「JPY」が入っているかどうかを見るだけです。

一方で、EURUSD(ユーロドル)、EURCHF(ユーロフラン)、EURGBP(ユーロポンド)など、「JPY(日本円)」が含まれていないように見える通貨ペアは「ストレートペア」と呼ばれてます。

また、米ドルが絡んだ通貨ペアの事をドルストレートと呼ばれています。
例えば、USDJPYやEURUSD、GBPUSDなど、USDが入っている通貨ペアです。(これもとても分かりやすいですね。)

業界NO.1!世界一人気のFX業者「XM」
  • 業界NO.1!世界一人気のFX業者「XM TRADING」
  • 資金の少ない人でもオススメのFX業者(最低資金は数百円からOK)
  • 1万円から1億円を目指すことも可能
  • デイトレード、スイングトレードに相性良し
  • 最低10通貨から取引可能!
  • 初心者、未経験者にお勧め
  • 登録するだけで3,000円分のクレジット」が今だけ全員にプレゼント!