理想のノウハウ

【XM】FXトレーダーが気にすべき「為替相場」の時間帯とは

FXのトレードでは、時間の流れを常に気をつける必要があります。

為替相場は基本的に24時間365日、動き続けています。国内のFX業者でトレードをしている方は「月曜日の朝に始まり、土曜日の朝に終わる」そういった認識かもしれません。
しかしこれは取引が可能な時間というだけであって、相場自体は1分1秒止まらず動き続けています。

これだけ長時間、絶えず動いている為替相場。常にフルパワーで上下しているわけではありません。大きく動く時間帯もあれば、あまり動かない時間帯もあるのです。

チャートや相場が大きく動く場合というのは、重要な経済指標の発表時間や突発的な高官や地政学的リスクなどが起こった時です。
また重要な経済指標の発表時間はともかく、それ以外の事象については特に時間帯は決まっていません。

為替相場というかFXトレードは世界中で行われていますので、当然各国のトレーダーの取引によるロウソク足の上下が活発になるタイミングも存在します。

為替相場が活発に動く時間帯はいつ?

ロウソク足が上下する力が活発な状態のことを、「ボラティリティが高い」状態と表現します。
FXにおける開場時間は、各国によって異なっています。国によって朝・晩の時間が時差によってずれているので、当然といえば当然です。

日本でFXのトレードをしているその最中、地球の裏側にいるロンドンやニューヨークのトレーダーの方の多くは寝ているでしょう。
逆にロンドンやニューヨークのトレーダーがトレードをしている時は、日本のトレーダーはきっと休息中です。
各国のトレード時間帯には国ごとに結構な差があるのです。

トレード時間帯に差があるという事はつまり、各国のトレーダーが参加している時間帯によって「ボラティリティ」が大きく変動します。

ボラティリティの高い低いで何が変わる?

日本人トレーダー向けの解説をすると、ロンドンやフランスなどの欧州勢が参加してくる15時30分近辺やニューヨーク勢が参加してくる21時近辺になると、為替相場のボラティリティーが大きくなります。

開場時間には「夏時間」と「冬時間」が存在しており、1時間の差があります

為替相場のボラティリティーが大きくなるという事は、それだけトレードが活発になります。結果として、為替相場に大きな動きが出るのです。

トレードで稼ぐためには、為替相場がより大きく動いた方が稼ぎやすいことが多い。理由としては、流れに乗りやすいからです。(順張りが簡単になる、という表現をします)
そのため、トレード時間帯に余裕のある方は

  • 欧州勢が参加してくる15時30分近辺
  • ニューヨーク勢が参加してくる21時近辺

を狙うというのも、テクニカルとは違ったまた別の1つの方法です。

為替相場が落ち着いた、動かない時間帯はいつ?

為替相場が大きく動く時間帯があれば、もちろん動かない時間帯もあります。
動かない時間帯はズバリ、日本時間10時〜15時近辺まで。とは言っても全く動かないと言う訳では無く、為替相場全体で見ると比較的動きが少ない時間帯というだけです。

そして、FXのトレードにおいてはボラティリティが少ない状態というのは、稼ぎにくい相場環境と言い換えることができます。
相場価格の動きが小さいため、同じだけ利益をあげようとしても時間がかかってしまうためです。

さらに困るのは、相場変動の小さい時間を狙った機関トレーダーの突発的な仕掛けによって一時的に大きな動きになる危険性もあります。
我々個人トレーダーが何万円、何十万円と投資している傍ら、何億円、何十億円というスケールで突っ込んでくるからです。
そうすると、突然の相場崩壊も起こりえます。少しでも油断していると、損失を出してしまう事にもなるでしょう。

ボラティリティが高い時がいいのか、低い時がいいのか

どちらも正解です。あなた個人のトレーダーがどんな相場環境を望むかによって、その答えは変わります。

稼ぐためには、なんとなく時間帯を選ぶのではなくメリハリを付けてトレードする事が必要です。

業界NO.1!世界一人気のFX業者「XM」
  • 業界NO.1!世界一人気のFX業者「XM TRADING」
  • 資金の少ない人でもオススメのFX業者(最低資金は数百円からOK)
  • 1万円から1億円を目指すことも可能
  • デイトレード、スイングトレードに相性良し
  • 最低10通貨から取引可能!
  • 初心者、未経験者にお勧め
  • 登録するだけで3,000円分のクレジット」が今だけ全員にプレゼント!