理想のノウハウ

【XM】FXの醍醐味、それは「空売り」という注文方法にある

初心者はまずFXの専門用語を覚えるところから始まる

FX初心者が稼ぐために避けては通れない事、それが専門用語。新しい業界に飛び込むのだから当然ですが、初めの半年はよく分からない単語ばかりで実際のトレードにも支障をきたすレベルです。

この記事のタイトルになっている「空売り(からうり)」もその一つです。金融やお金にかかわる業界は、専門用語のオンパレードです。

「スワップ」や「スプレッド」はもちろん、空売りやそもそも為替って何の事?などなど、当時FXを始めたばかりの初心者だった私は、インターネットや各種書籍をつかって勉強して、少しずつトレードの専門用語を覚えていきました。

しかし、イチから勉強をするためには結構な労力がかかるうえ、何から始めたらいいか分からないという方も多いです。そこで私の経験をもとに超重要キーワード、トレードには必須とも言える「空売り」について解説します

 

「空売り」とは?空売りの考え方と実際の例

FXの専門用語について、空売りについて。文字通り空(手元に何も無い)のものを売るという意味です。FX未経験の人にとってはこの時点で「???」頭の中がこうなっているはずです。

通常、物を売るためには売るための物理的な商品(物)やサービスが必ず必要になります。モノを買って手元に用意して、それを売って利益を得ます。でも、FXではちょっと異なる注文方法が存在します。

FXにおける実際の例を出します。
米ドル円(以下USDJPY)を100円で1万ドル「買う」、とするとUSDJPY1万ドルが存在していることになりますよね。その後、USDJPYの為替レートが上昇したら「売る」のです。

持っていたUSDJPY1万ドルを利益が出たので売ったのですから、ここまでは何も不自然な事はありません。

空売りは、売ってから買い戻すという考え方

買う→売る という流れを逆にすることがFXの世界ではできます。
売る→買う です。売ってから、(安くなったら)買い戻すことで差額の利益を出す手法です。

つまりFXトレードでは、持っていない通貨を「売り」から入る事が出来ます。先程の例で今後USDJPYの為替レートが下がるであろう、と予測した場合にUSDJPYを100円で1万ドル売る事が出来るのです。

あらかじめUSDJPYを1万ドル持っていなくても、いきなり「売り」から取引する事が出来る。この事を空売りと呼びます。何も持っていない状態で売るのですから、この空売りという専門用語も納得出来ます。分かってしまえば簡単なものです。

その後、このUSDJPYの為替レートが100円→90円に下がったら利益が出るということになります。買いで決済(買い戻す)すれば、めでたく収益です。

私の使っているFX業者「XM Trading」では、ボタン一つで空売りが実現できるのでお勧めです。

空売りはどんな時に使えるのか?トレードで稼ぐ秘訣とは

FXの単純な注文方法は、二通りしかありません。買って売るか、売って買い戻すか。

FXトレードでは今後、為替レートが上昇すると予測すれば「買い」から。逆に、今後為替レートが下落すると予測出来れば「売り」から入り、結果それぞれの為替レートが思惑通りに動けば利益に繋がるのです。

これはどういったメリットがあるのか?相場は常に上がったり下がったりという動きをしています。どちら側に動いても、利益を得られるチャンスがあるという意味に繋がります。(為替レートの動きにより、チャンスは2倍とも言いかえられますね!)

今後のFXトレードで稼ぐための秘訣。単純な買う→売るだけではなく、状況に応じてこの空売りを行いチャンスを増やしていくことです。

業界NO.1!世界一人気のFX業者「XM」
  • 業界NO.1!世界一人気のFX業者「XM TRADING」
  • 資金の少ない人でもオススメのFX業者(最低資金は数百円からOK)
  • 1万円から1億円を目指すことも可能
  • デイトレード、スイングトレードに相性良し
  • 最低10通貨から取引可能!
  • 初心者、未経験者にお勧め
  • 登録するだけで3,000円分のクレジット」が今だけ全員にプレゼント!