理想のノウハウ

【XM】スキャルピングとは?おすすめ出来ない人・出来る人

FXトレード界のスプリンター「スキャルピング」について

突然ですが、100m走で世界一早くて有名な選手は?と聞かれたらなんと答えますか?

 
多くの方は「ウサイン・ボルト」と答えるでしょう。(多分)

FXのトレードにも、そのスタイルによって3種類の呼び名があります。

  1. スキャルピング
  2. デイトレード
  3. スイングトレード

です。この記事では、短期売買、短期取引とも言われる「スキャルピング」について解説します。

メリット・デメリットはまた別の記事で紹介しているので、合わせてご覧ください。

余談ですが・・・

実は私も使っているFX業者「XM Trading」では、親善大使として「ウサイン・ボルト氏」が起用されています。

注文から約定(成立)までが激速だということを意味しています。

スキャルピングの特徴や意味とは

スキャルピングは「スキャルプ」(頭皮、薄皮)という意味の英単語が語源になっています。「頭」に「薄い」という単語が並んでいると笑ってしまいそうになりますが、ぐっと堪えてください。

薄皮ほどの利益をはぐように、少ない利益を積み上げる手法です。冒頭でも一度出てきたデイトレード、スイングトレードと並ぶ3種類の取引方法の一つです。4つめはありません。

スキャルピングの特徴としてはなんと言っても「超短期売買」です。どれぐらい短期かと言うと、場合によっては10秒ほどで注文→決済(利益確定)を済ませるほど。長くとも数分〜1時間ほどでしょう。

基本的にその日のうちにトレードを終わらせ、次の日に持ち越さないのがスキャルピングの特徴です。また相場変動にも強く(対応しやすく)、やりたい時にモニターに向かい、やりたくないときは休めば良い。時間のコントロールをしやすいのは強みですね。

さて、そのスキャルピングはやはり万人向けというわけではありません。いい面も悪い面もあるので、合う人合わない人がいるのも当然です。
次の章では、スキャルピングをお勧め出来ない人お勧め出来る人の順に解説していきます。それではどうぞ。

 

スキャルピングがおすすめ出来ない人:優柔不断な人

スキャルピングは短時間の勝負です。ものの数分で勝つか負けるかが決まる真剣勝負。しっかりと睡眠を取り向き合わなければいけません。

おすすめできないのは「優柔不断」な人。どうしようかな、悩むなあ、と普段からよく考えている人は向いていません。

なぜなら、そうしている間にも相場は変動するからです。損があったら膨らみ、利益が出ていても減少します。効率よく脳を動かして利益確定するには「即決力」がとても重要とされます。

 
実はこの問題、誰でも解決できます。しかもこれは本人の努力やセンスではなく、ルールを決めるだけで簡単に。

なぜ優柔不断になってしまうのか、一度考えてみてください。それはトレードルールが無いから悩むわけです。

利益はだいたいこのぐらいかな・・・ではなく、10pipsと決めたら10pipsで必ず決済する。損切りも必ず決めておく。マイナス7pipsで必ず損切りをする。そうしたルールを確立するだけで解決できます。

どうしても自信がないなら、EA(自動取引)を使ってもいいでしょう。決められたルールにしたがって注文・決済してくれるようなプログラムがあればいいわけですから。

「優柔不断」は「ルール化」で解決しよう

 

スキャルピングがおすすめ出来ない人:自堕落で大雑把な作業しかできない人

ざっくりとしたタイトルになってしましましたが、要は「集中できない人」「パソコン操作が苦手な人」です。

スキャルピングは羽毛のようにふわふわと上下する為替相場を相手にします。寝不足がたたり、一瞬(10分)うたた寝してしまうだけでポジションが真っ赤な損益を生み出してしまうこともあるわけです。

常に受験勉強のような燃える意気込みとエナジードリンクが必要なわけではありません。トレード中は(Youtubeなど)他のことをしない、トイレや席を外す時はポジションを持たない、という簡単な心がけで対処できます。ただこれは個人の性格が直結しますので、一概にすぐ治せるものではないでしょう。

 
パソコン(スマホ)の操作が苦手な人、苦手意識がある人もスキャルピングはおすすめできません

例えば画面が固まってしまったとき、マウスが突然動かなくなってしまった時・・・あなたならどうしますか?落ち着いて対処できる自信はありますか?

スキャルピングは1分時間が経つだけで数pips(数銭)動きます。いざという時に冷静にトレードが出来るかがキモですが、機械操作が苦手だとハードルが上がるのは間違いありません。トレードソフトも今の時代とてもシンプルで簡単にはなっていますが、慣れるまでには少し時間がかかります。

すぐに解決しようとはせず、小ロットからの取引(一回の利益・損失は100円程度)で練習をしてみるのもいいですね。個人の努力でいくらでも解決できます。

「機械オンチ」は「勉強」や「練習(訓練)」で解決しよう


 
スキャルピングにおいてお勧めできない人は、これぐらいです。その他あまり関係ありません。実際にトレードしてみて合わなかったらやめれば良いし、合うのであれば続ければ良い。これだけです。

それでは次に、スキャルピングはこんな方におすすめ!を紹介します。

 

スキャルピングがおすすめできる人:決断力が速い人

先程の真逆です。しっかりと状況判断ができる大人の方には特におすすめという話です。

スキャルピングは2秒、判断が遅いだけで数百円〜数千円の利益に差が出ることもあります。だらだらと悩んでいるうちは時間も勿体ないですし、収益も上がりません。

テクニカル分析などで相場の状況をしっかりと理解して、FXに取り組めるトレーダーを目指しましょう。

 

スキャルピングがおすすめできる人:時間があまりない人

もう既にご存知のとおり、スキャルピングは短期取引です。忙しいサラリーマンにこそおすすめと言えるでしょう。

一日30分しかなくてもトレード可能です。なぜならスキャルピングで使う時間軸は1分足と5分足なので、トレードチャンスはその辺にごろごろと転がっているからです。

日中は忙しいけど、朝なら少し時間があるぞ。とか、帰宅して夕飯食べたら時間があるぞ、という方にお勧めですね。デイトレードと違ってポジション(注文)を持ったまま寝ることもないので、安心してぐっすりできます。

時間があまりあるニートやフリーターでも勿論OKですが、時間がない兼業トレーダーこそ「短期集中」で取り組めるというメリットがあります。

 

スキャルピングがおすすめできる人:資金が少ない人

えっ!?と思うかも知れませんが、資金が少ない方にこそスキャルピングはお勧めです。

なぜなら、ハイレバレッジでトレードするためそもそも資金はそれほど必要無いからです。特に私が使ってるFX業者では、1万円あればドル円なら最大8万通貨ほど所持出来ますし、1pips辺りの利益は800円です。10pips狙えば一撃8,000円のプラス収益が望めるわけです。※レバレッジ888倍計算です

1億円ほど所持金があるなら、もちろんそれでも良いと思います。が、所持金が少ない方こそデイトレードやスイングトレードではなく、スキャルピングで淡々と利益を積み上げていくのがおすすめと言いたいわけです。

 

スキャルピングの鬼になるには?まとめ

  • 優柔不断な方→ルール決めをしよう
  • 機械オンチな方→勉強して練習しよう

トレーダーの多くは適当で曖昧で、こういった細かいことを後回しにしがちです。こういった細かいこと「さえ」出来ないトレーダーはいずれ消えていってしまいます。

いまこれを読んだあなたは(地獄に落ちてしまわないように)、是非 考え方を見つめ直してみてくださいね。

業界NO.1!世界一人気のFX業者「XM」
  • 業界NO.1!世界一人気のFX業者「XM TRADING」
  • 資金の少ない人でもオススメのFX業者(最低資金は数百円からOK)
  • 1万円から1億円を目指すことも可能
  • デイトレード、スイングトレードに相性良し
  • 最低10通貨から取引可能!
  • 初心者、未経験者にお勧め
  • 登録するだけで3,000円分のクレジット」が今だけ全員にプレゼント!