理想のノウハウ

【XM】フィボナッチ分析で利確ポイント(損切りポイント)を探ろう

中級者向けテクニカル分析「フィボナッチリトレースメント」

この記事は中級者トレーダー向けの内容です。

FXのトレードにおけるテクニカル分析の説明です。今回はフィボナッチリトレースメント、通称「フィボナッチ分析」についてです。(フィボナッチ指数とも言います)

このフィボナッチリトレースメントは、イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチ氏が研究の末に開発した手法です。FXだけでなくパチンコ(パチスロ)でも当たる台の分析に使われたりします。またリトレースメントとは、引き戻す・後戻りといった意味ですね。

余談ですがフィボナッチリトレースメントは別名「黄金分割比率」とも呼ばれており、自然界で生活している多くの生物の成長パターンが「1.618」という比率になっている事を発見したのも同氏です。

それはともかくとして、今回説明するフィボナッチは各種トレード局面において利確ポイント、損切りポイントを分析する際などで役に立ちます。超基礎とはいえませんが、初心者〜中級者なら知っておくとますます利益が増えること間違いなしです。

 

フィボナッチリトレースメントと比率の関係とは

フィボナッチには黄金分割比率という呼び名があると説明したように、このフィボナッチにはいくつか定義された比率を持っています。これをフィボナッチ比率と呼び、

  • 23.6%
  • 38.2%
  • 50%
  • 61.8%

という数字は丸暗記でもいいぐらいです。

為替相場の上昇や下降においては、一直線ではなく大抵が上下を繰り返しながらトレンドを形成していきます。そのなかでの反発するタイミングを推し量る際につかわれるのが、このフィボナッチリトレースメントです。

もっと簡単に言うと、フィボナッチ分析をすることで反発するポイントが分かります。

どこで反発するのか、反発した際にどこまで上がるのか(下がるのか)というのがフィボナッチリトレースメントを使うと簡単にわかる!というのが次の図です。

フィボナッチリトレースメント

黄色丸と赤丸のあたりでチャートが押し戻されている感じですね。ラインを引き意識することで、エントリーポイントを探る時の助けになります。

 
上記参考チャートはローソク足とボリンジャーバンドにフィボナッチラインを追加したものです。下落トレンドが一旦収束して、反転上昇中。フィボナッチリトレースメント38.2%で2回跳ね返されています。

このまま再度下落するようであれば、この下落トレンドが強いと判断する事が可能なため、再度下落する事が考えられます。しかし逆に、38.2%を超えて50%や61.8%まで戻った場合には弱いトレンドだと判断する事が可能になります。

 

フィボナッチリトレースメントを使って利確ポイント(損切りポイント)を探る

トレンドが一旦収束してからの反転がどこまであるのかを予測するために、フィボナッチ指数はとても有効です。

このフィボナッチで、38.2%まで上昇する、または50%や61.8%まで上昇するなど、決められたラインに綺麗にハマることが多いのがこの分析方法。数値で分かり易く把握する事が可能なのです。

先程も出てきた図ですが、今度は買いポジションを持っており利益確定ポイント探る、ということを想定します。

フィボナッチ分析でポイントを探る

フィボナッチ分析でポイントを探る

チャートは豪ドル円(AUDJPY)です。現在あなたは AUDJPY 85.00円 の買いポジションを保有していたとします。その後、為替レートが上昇して現在は 85.80円近辺まで上昇していますね?

赤丸部分を見てください。フィボナッチ指数38.2%近辺で2回跳ね返されて(反発されて)少し下落しています。

ラインでの反発

ラインでの反発

反発している(抜けない)ということは、これ以上上がらないだろうと予測できます。すなわち売り抜けて決済です。ちなみにここで決済をすれば0.80円分の為替差益が発生するため、もし1万ドル保有していれば 8,000円の利益です。

決済直後、チャートの動きを見ましょう。反発した後に下がっていくことがあればトレード転換です。次は売り注文を入れてみるのもいいですね。

業界NO.1!世界一人気のFX業者「XM」
  • 業界NO.1!世界一人気のFX業者「XM TRADING」
  • 資金の少ない人でもオススメのFX業者(最低資金は数百円からOK)
  • 1万円から1億円を目指すことも可能
  • デイトレード、スイングトレードに相性良し
  • 最低10通貨から取引可能!
  • 初心者、未経験者にお勧め
  • 登録するだけで3,000円分のクレジット」が今だけ全員にプレゼント!