理想のノウハウ

【XM】FXにはつきもの「大暴落」のリスク管理は?対策は一つ、逆指値注文!

FXの相場では、ごく稀に大暴落が起こります

長らくFXトレードを行っていると、ある日突然為替レートが雪崩のように下落(または逆に大暴騰)する場面に出くわします。
こういった大暴騰や大暴落はいつやってくるか分かりませんが、1年に何回もあるというものでもありません。

私も過去に何回か大暴落や大暴騰の場面に出くわしました。その中でも脳裏に焼き付いているのが、忘れもしない2011年3月17日の大暴落です。

2011年3月17日と言えば、東日本大震災が起こってからわずか6日後です。地政学的リスクがあると該当国の通貨が売られるため、東日本大震災が原因であれば大暴落ではなく大暴騰になるはずです。しかし、この時は大暴落になったのです・・・。

 

為替相場の大暴落・大暴騰が起こるのはなぜ起こる?

2011年3月17日の朝、USDJPY(ドル円)やEURJPY(ユーロ円)をはじめ、ほぼ全てのクロス円(円にまつわる通貨ペア)がものの数分間で300pips以上の大暴落になりました。
多くの人は何が起こったのか分からずに、ただただ為替チャートを眺めているだけしか出来ませんでした。
ずっと損益が膨らんでいく様子を・・・。

例えばこの場合、仮にUSDJPY(ドル円)10万ドルぶんの買いポジションを保有していたら、この数分間で30万円以上の損失になります。
数分間で30万円の損失なんて、資金が少ない初心者にとっては再起不能になるような痛恨の一撃になってしまいます。

そして、この大暴落によって多くの個人トレーダーが天に召されました。証拠金が不足して強制ロスカットになってしまい、これらのロスカットがさらにストップ注文も巻き込んでいきました。どんどん雪崩式に価格が下がっていくという状態です。

多くの人を巻き込んで生まれる大暴落

その結果、USDJPYの最安値が76.25円という、信じられないような価格となってしまいました。
当時はここまで下落するとは誰も予想しておらず、為替相場は一時的にパニックになっていましたようです。

誰も予想出来なかったという事はつまり、誰しもがこれほど下落するとは思っていませんでした
これはどういうことを意味するかというと、多くの人が逆指値注文(ストップ注文)を入れずに買いポジションを持ち続けていたということが考えられます。

為替相場ではある日突然、前触れ無く大暴落や大暴騰が起こってしまうのです。そんな頻繁に起きないだろう、まさかここまで下がらないだろうと思っていても、それが起こってしまいます。

こういった自分には関係ないだろう、と脳が勝手に判断してしまうことを「正常性バイアス」と言います。

為替相場で大暴落や大暴騰が起こった場合に備えて、保有しているポジションにはしっかりとストップ注文は入れておく。FXの口座資金に余裕を持たせる(最低限持っておく)などのリスク管理が重要です。

特にFX初心者の方は、大暴落や大暴騰が起こってからでは対処する事が非常に難しいです。
事前のリスク管理が非常に重要であることは、明白ですね。

業界NO.1!世界一人気のFX業者「XM」
  • 業界NO.1!世界一人気のFX業者「XM TRADING」
  • 資金の少ない人でもオススメのFX業者(最低資金は数百円からOK)
  • 1万円から1億円を目指すことも可能
  • デイトレード、スイングトレードに相性良し
  • 最低10通貨から取引可能!
  • 初心者、未経験者にお勧め
  • 登録するだけで3,000円分のクレジット」が今だけ全員にプレゼント!