体を内側からきれいにする日本古来の「五穀」と、

スーパーフードえん麦をワンちゃんにも!
新鮮なお肉と5種類の穀物をベースに無添加で作る安全ドッグフード

国産無添加ドッグフードワンズデリ五穀わん 総合栄養食

『五穀わん』とは…?

昔から、日本では『五穀豊穣』という言葉の通り、『米・麦・豆・あわ・ひえ(きび)』を『五穀』と呼び、健康の源としてきました。 現在もなお、玄米食による健康法や、ダイエット、『五穀』ならぬ『十穀米』、『十六穀米』などの商品も安定した人気があり、さらに、最近では健康志向の高まりから『雑穀』が静かなブームになっています。
ワンズデリでは、ビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含み、体を内側からきれいにする日本古来の『五穀』と、昨今巷で話題のスーパーフードえん麦をワンちゃんにも、と考え、おいしい無添加ドッグフードに作り上げました。

ワンちゃんのお腹にやさしい、おいしいドックフード

五穀の香ばしいかおりと作りたてのおいしさ!

「ワンズデリ 五穀わん」で使用する【五穀】は、国産の遺伝子組み換えでないものをワンちゃんが食べやすく消化吸収しやすいように全て粉末にして使用しています。

粉末にした材料を焙煎して、栄養分を逃がさないように低温で時間をかけてゆっくり乾燥させ、ワンちゃんのお腹にやさしいドッグフードに仕上げています。風味豊かな「五穀」の香ばしいかおりと作りたてのおいしさで、ワンちゃんの食欲をそそります。
犬が残さず食べる様子
五穀わんは無添加、「防腐剤」・「抗酸化剤」・「合成保存料」・「着色料」・「香料」は使っていませんので、安心して大切なワンちゃんに与えることのできるドッグフードです。

ドッグフードの主成分お肉にもこだわりました

「ワンズデリ 五穀わん」は、もちろんドッグフードの主成分である「お肉」にもこだわっています。

牛肉・鶏肉・豚肉・馬肉は、厚生労働省の食肉検査を通った人間が食べるものと同じ品質の
国産のお肉を使用。品質に万全を期しています。

『五穀わん』には『標準食』と『オーダーメイド食』の2タイプ


『五穀わん』には、『標準食』と『オーダーメイド食』の2タイプがあります。
『標準食』は年齢別に必要な栄養バランスを考えて設計したドッグフードで、パピー(子犬用)・成犬・シニアの3種類があります。
『オーダーメイド食』は、『五穀わん』をベースに、その子の状態に合わせて成分カロリーを調整してひとつひとつ作るドッグフードです。
  • 標準食とは

  • オーダーメイド食とは

愛犬の健康は栄養バランスのとれた毎日の食事が大切

■注目の「雑穀」バランスの取れた栄養素、豊富なビタミン・ミネラル・食物繊維

雑穀とは、米や麦に比べて粒の小さい穀類を言います。粒が小さい分、栄養豊富な胚芽部分の割合が多く、そこには毎日の食事で不足しがちなビタミンB1・B2・B6・Eなどのビタミン類や、鉄分・リン・カリウム・カルシウムなどのミネラル類、食物繊維などを多く含んでおり、健康に欠かせない大切な栄養素がバランスよく豊富に含まれています。また『あわ』や『ひえ』の黄色い色素には、『ポリフェノール』類も多く含まれ、活性酸素を消去する働きにより、健康を維持したいワンちゃんや、いつまでも元気でいて欲しいシニア犬にもおすすめ。 
米や麦に代わる『アレルギー代替穀物』としても注目されています。

■お腹をきれいに

玄米は、人間の健康食としても長い歴史があります。 白米は、玄米を精白して、ぬかと胚芽を取り除いたものです。 白米は水につけても芽は出ませんが、玄米は水につければ芽が出て発育する生きたお米です。 この玄米についている『ぬか』と『胚芽』にこそすばらしい働きがあります。『ぬか』には、食物繊維が豊富に含まれています。水分を含んだ不溶性食物繊維は、腸内で腸壁を刺激してぜんもう運動を促し、老廃物を対外に出す働きがあります。また、玄米に含まれる『フィチン酸』という酸化合物にも同じ働きがあります。 脂肪・コレステロールも排出してくれると言われています。

玄米には、ビタミンB2,B6や、ミネラル類が豊富に含まれています。 腸内がきれいになることで、これらの吸収も良くなります。

玄米のほかにも、大麦・あわ・ひえ・はと麦にも食物繊維・ビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。

■ダイエットにも

食物繊維の豊富な穀類は、唾液や胃液などの水分が加わると胃の中で膨張し、少量でも満腹感が得られます。また、ゆっくり消化、吸収するので腹持ちが良いのが特長です。加えて、食物繊維の効果で、便通も良くなり、ダイエットに適したヘルシーな食材であると言えるでしょう。

■食べやすい「五穀」こだわり製法

『ワンズデリ 五穀わん』では、『玄米・大麦・あわ・ひえ・はと麦』の5種類の穀類を『五穀』とし、さらに注目のスーパーフード『えん麦』を加えています。えん麦は食物繊維はもちろん、鉄分やミネラル、タンパク質も豊富で栄養もたっぷり。腸内環境を整え、カラダに取り入れることによりワンちゃん本来の免疫力や抵抗力維持に働きかけます。おなじみの玄米・大麦に、今話題の雑穀、『あわ・ひえ』を加え、ワンちゃんが食べやすく、消化しやすいように全て粉末にして使用しています。『玄米』と聞くと、消化しにくいのでは?とお考えになる方がいらっしゃいますが、ワンズデリの製法では、粉末にした材料を焙煎して低温でゆっくり乾燥させ、栄養分を逃さずに消化しやすく仕上げています。
※『五穀わん・パピー』は大麦のかわりに小麦を使用しています。

■五穀のはたらき

 
玄米
ビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含み、特に胚芽には完全食と言われるほど、多くの栄養素を含んでいる。
脂肪やコレステロールの代謝を促進し、体脂肪をつきにくくしたり、肌をイキイキさせるなど、ワンちゃんの健康をサポートする成分がたくさん含まれている。
あわ
たんぱく質、ビタミン、食物繊維、鉄、マグネシウムを豊富に含み、現代「健康食」として見直されている。
あわに含まれるポリフェノールには、体に悪影響を及ぼす活性酸素を分解する働きがあると言われている。
ひえ
たんぱく質、脂質、炭水化物、鉄分、食物繊維を多く含み、善玉コレステロールである血中の高密度リポたんぱく質の値を高めたり、脂質代謝機能がある。 
又、あわと共にポリフェノールが含まれる。アレルギーの緩和のためにも使われる。
大麦
食物繊維、カルシウム、マグネシウム、鉄分、カリウム、ビタミンB1群を多く含み、優れた栄養価をバランス良く含む穀物として注目されている。 
消化機能を高め、コレステロール抑制など、ワンちゃんの健康をサポート。
はと麦
はと麦はミネラル、ビタミンB1群が豊富なうえ、たんぱく質を作っているアミノ酸は穀類の中でも最も良質と言われている。新陳代謝を正常にし、消化器や肌を健康に保つ働きがあといわれている。
えん麦
えん麦は、タンパク質・アミノ酸も豊富です。タンパク質は筋肉や内臓、骨、皮膚、髪、血液をはじめ、ホルモンや酵素、免疫物質などの材料となる重要な成分です。
 
お問い合わせはこちらから!
ドッグフードのワンズデリ トップページ

ページトップへ